続・ハプニングバーで出会いたい3 | 女傑登場

ワイングラスに入った2杯の赤ワイン

 初潜入のハプバーにて、メーテルさん(ぽい美女)へのイタズラを中断し、トイレへと立った私(前回の記事→続・ハプニングバーで出会いたい2 | 新たな女性客)。

用を済まして出てくると、廊下脇のロッカールームにて、さらなる新たな女性客と遭遇しました。

ハーフ(ぽい)美熟女

 遭遇した女性客は、見たところ、年はアラフォーの私と同じくらい。年齢のせいか、顎のたるみが少々目につきますが、長身でハーフのようなお顔立ち。普通体型ですし、全然お願いしたいレベルです。

挨拶を交わし、団欒ルームへ戻ると、先ほどまで私がいた場所に、マイルドヤンキーが移ってきており、メーテルさんと添い寝してやがりました。

眠たいとのことなので、この時も素直にああそうなんだと受け止めてしまい、じゃあ二人はそっとしておこうと、友人Aとコックとのトークに戻りましたが、

後になって思うと、マイルドヤンキーは、メーテルさんとどうにかなりたかったんでしょうね。

常連女性を囲む新人野郎達

 Aとコックと三人で再び喋り始めた直後、部屋着を思わせるような、スウェット上下に着替えたハーフさんが登場。ハプバーがまるで自分の部屋かのようにリラックスしている辺り、常連臭がプンプンします。

そんなわけで、常連女性のハーフさんを、我々新人野郎三名が囲むという構図が出来上がりました。

目がトロンとしていて、喋り方もトロけた感じ。脱法ハ○ブでもやっているかのような、妖しい雰囲気が漂うハーフさん。

ガードも緩いというよりほぼ皆無で、喋りながらもすぐにキスをさせてくれたり、スウェットの上からモミモミさせてくれたり(サイズはCくらい)、ビーチクをコリコリさせてくれたり(もちろんノーブラ)。

受け身なだけでなく、逆にこっちのビーチクを攻めてきたりもして、常連女性の貫禄を感じさせてくれます。

そんな盛り上がりを察し、マイルドヤンキーも出戻ってきました。メーテルさんに相手にされなかったのか、ちゃっかりしてやがります。

複数上等

 こうして盛り上がった後、新人野郎四人を一手に引き受けることを快諾した女傑のハーフさんは、シャワールームへ。

その間、野郎達は、まさかの5Pを目前に控え、ワクワクソワソワしながら、準備を開始しました。

プレイルームは、ガマガエル(ぽい女性)と地方のおっさんが独占中だったので、どこで事に及ぶか、マスターも交えて作戦会議です。

ソファー席を囲むようにカーテンが設置されており、閉めれば、即席のプレイルームが出来上がる、と言うマスターでしたが、残念ながら、レールが痛んでいるのか、カーテンを引いても途中で止まってしまいます。

「客も少ないし、そもそも複数プレイなんだし、気にせずソファーで始めてしまってもいいんじゃないか」とか、「ガマガエルと地方のおっさん、まだ終わりそうにないかな」とか話している内に、シャワーを浴び終えたハーフさんが戻ってきました。

プレイルームを待ちきれない

 店常備のコスプレ衣装である大きめのYシャツに着替え、ヤル気満々のハーフ(ぽい美熟女)さん。白い太ももが美味しそうです。

私とAはシャワー済みだったため、そのままでしたが、コックとマイルドヤンキーも順番に浴びにいき、より裸に近い状態になって、4対1でちちくり合います。

ハーフさんのYシャツの下は、ノーブラはもちろんのこと、パンツも穿いていませんでした。

Yシャツの上からビーチクをスリスリしたり、ボタンを空けて隙間から手を入れ、コリコリしたり。

股間に顔をうずめ、ク○ニする段階まで持っていきましたが、やはり本番はどうしても、プレイルームじゃないと嫌だとのこと。

 プレイルームは、相変わらずガマガエルと地方のおっさんの独占状態で、カエルの鳴き声が団欒ルームまで聞こえてきます。

そして、狸寝入りを止めたメーテルさんは、新しく入店してきた単独男性と、カウンター席で良い感じ。こちらもハプニング秒読み段階

あっちもこっちもハプニング。これぞ、ハプニングバー!


「一人でハプバーに行くのは勇気がいる」という方は、PCMAXでスケベな女性を誘ってみてはいかがでしょうか。カップルで行くと、単独料金の半額以下になる店がほとんどです。

PCMAX(R18)の無料登録はこちらから

登録時に貰えるポイントだけでもそこそこ遊べます。是非一度、お試しください。

私の成功体験はこちら、登録の仕方やお得な利用方法等はこちらで記事にしています。