続・ハプニングバーで出会いたい1 | 魔物

ワイングラスに入った2杯の赤ワイン

 人生初のハプニングバーへ、友人Aと共に乗り込んだムズムズおじさんの私、河合ペロペロ

ハプニングに参加するというより、覗き見できればいいやくらいの気持ちでしたが、入店からわずか2時間ほどで、

顔は朝○龍、体はAV女優という、天は二物を与えずを地で行く常連女性の洗礼を受け、手コキだけで発射に至ってしまいました(その時の記事→ハプニングバーで出会いたい6 | 本格デビュー)。

ハプニングが止まらない

 友人Aも含め、朝青○(似の女性)に四人シゴかれて、フィニッシュしてしまったのは、恥ずかしいことに私のみ。

大変お見苦しいところをお見せしましたと、ハニカミ顔で席を立ち、シャワールームへ。愚息から残り汁を絞り出しつつ、洗い流します。

団欒ルームへ戻ると程なくして、朝○龍が帰っていきました。きっちりお礼を言い、お見送りします。

とりあえず一発は出せたし、新たな女性が入店してくるまで、のんびり談笑でもしておくかと、気を抜く私でしたが、ハプバーに来て、そんな生ぬるいスタンスは許しませんよとばかりに、さらなる洗礼が待ち受けていました。

 飯野○治似の常連ぽっちゃり女性が、地方からの出張ついでに遊びにきていたおっさんとアクロバットプレイを楽しんでいたのですが、それだけでは飽き足らず、そのままプレイルームを牛耳って、常連以外の男性客達を順番に引きずり込んでいっていたのです。

私が朝青○にシゴかれている間か、事後処理をしている時か、全く気づきませんでしたが、いつの間にやらAも、飯○賢治の洗礼を受けていたらしく、一対一で手コカれたとのこと。

そして続いて、私と一緒に朝○龍に手コカれた巨根の若者が、プレイルームへと飲み込まれた模様。

「とはいえ、すでに発射済みの自分には、魔の手が伸びることはないだろう」、という希望的観測を持つ私。

しかし、そんな甘ちゃん野郎の肩を、魔窟から生還してきた巨根の若者が叩きました・・・。

魔窟へ

 「○○(ハプバーでつけられた私のニックネーム)さん、お呼びですよ」そう言ってプレイルームを指す、巨根の若者。

「さっき抜いてもらったばっかりだから、俺は遠慮しときます」うろたえながらそう答えましたが、「女性に恥をかかせちゃいけませんよ」的なことを言われ、行かざるを得ない雰囲気に・・・。

恥をかかせるなというのはもちろん建て前で、皆、被害者仲間が欲しいだけなのです。

 「入りますよ」と、恐る恐る、プレイルームのドアを開ける私。魔窟の主と化した飯○賢治(似の女性)の堂々たるシルエットが、間接照明の中に浮かび上がります。

マットレスの上に鎮座した飯野○治は、下着姿で、見事なまでの寸胴体型。

まずは、肩や腰をマッサージしてくれるとのことで、うつ伏せになった私の臀部に、肉団子のような体を乗せてきました。

下着姿の女性が、自分の体の上に跨っている、、、普通なら、そのまま勃起力で持ち上げてしまいそうな状況ですが、相手が飯野賢○だと、さっき一発出したことを差し引いても、全く反応しません。

しかし、自画自賛するだけあって、マッサージの腕前はなかなかのもの。ハプニングバーに来て、下半身以外が気持ちよくなれるとは思いませんでした。


ハプバー行くなら、カマグラ持参で!フル勃起でハードファ〇ク!

カマグラPOLO(KamagraPolo)100mg[パイン]

個人差はあるらしいですが、私と友人達には、問題なく効いています。私の場合、割って半錠でも、十分効果が出ました。注意書きをよく読み、用法、用量を守って、正しくお使いください。


軟禁状態

 マッサージが終わり、仰向けになった私の横に、添い寝をしてくる飯○賢治(似の女性)。かなりの常連らしく、客や店に対する不満や陰口が始まりました。

そして、店を出てホテルへ行かないかという、掟破りな提案が。

これが可愛い子からのお誘いなら、もちろんルール違反上等、喜んで乗っかるところですが、高い入店料を不意にしてまで、何故、飯野○治と出ていかなけばならないのか。

 「まだ来てそんなに経ってないから」と、やんわり断ると、今度は私のズボンとパンツをずらし、愚息を弄くり始めました。

「さっきイッたばっかりだから、多分もうイカないんじゃないかな」そんな遠慮気味の拒絶など聞き入れてはくれず、手コキを始める飯野賢○。

お恥ずかしながら、シゴかれたことによって、元気になっていく愚息。

しかし、さっき発射したばかりで、シゴいているのは飯○賢治。再発射までは、ほど遠く感じます。

「そろそろ団欒ルームに戻ろうかな」と、囁いてみましたが、イクまでここを出てはならぬと、魔窟の主。

Aや巨根の若者など、引きずりこんだ新人達をイカせることが出来なかったらしく、常連の(どうでもいい)プライドが刺激されてしまっているようです。

 これには困りました。すでに一発出してしまっていて、これからさらに、どんな変態女性が現れて、どんなハプニングが起こるかわからないのに、無駄撃ちはしたくありません。

私の脚の上に跨った状態で手コキを続けているので、マン臭がジーパンに染み付いてしまわないかというのも、気になっていました。

決死の脱出

 とはいえ、こんな店の常連だけあって、飯○賢治(似の女性)の手コキはなかなかのテクニック。頑張ったら、イケるんじゃないかと思うくらいに高まってきました。

イカさずにおくものかと意地になっているみたいだし、ここは、飯野○治の顔を立ててやるかと、覚悟を決め、目を閉じる私。

飯野賢○の姿を脳内から出来るだけ排除し、過去の美女とのペロペロやAVの名シーンなどを想像しながら、愚息の感触に意識を集中します。

そうすること、数分間・・・

水飲み場の蛇口

発射してしまいました・・・(´・ω・`)。

開店間もない時間から、閉店まで楽しむつもりで入店し、まだ3時間くらいしか経っていないのに、もう2発も・・・。しかも、2発とも手コキで・・・。


「一人でハプバーに行くのは勇気がいる」という方は、PCMAXでスケベな女性を誘ってみてはいかがでしょうか。カップルで行くと、単独料金の半額以下になる店がほとんどです。

PCMAX(R18)の無料登録はこちらから

登録時に貰えるポイントだけでもそこそこ遊べます。是非一度、お試しください。

私の成功体験はこちら、登録の仕方やお得な利用方法等はこちらで記事にしています。