夜の砂浜に出会いのチャンス

浜辺で星を眺める女性

もじもじボーイズ

 二十代前半、ビーチで連絡先をゲッツした女の子達と仲良くなり(→人生二度目のナンパ | 海水浴場にて)、

ナンパに関して勢いづいたはずの私と友人達でしたが、ヘタレな性格はなかなか直らず、最初の一声に踏み出せないまま、月日は流れていきました。

今日こそはという意気込みで、ビーチへ行ったり、夜の街へ出かけたりするのですが、結局、もじもじしたまま行動に移せず、純粋に日焼けと海水浴を楽しんだり、ぶらぶらしてラーメン食べて帰ってくるだけだったり。

 そうこうしている内に、二十代後半になってしまったのですが、27歳の夏、やっと事態が進展を見せます。

当時、私と友人達は、毎年、盆休みになると、某有名海水浴場へ一泊二日で遊びにいくというのが恒例行事となっていました。

もちろん、海水浴と水着美女の視姦を楽しむというだけではなく、女の子達に声をかけるという大いなる野望も持ち込んでいたのですが、何年経っても、もじもじもじもじ

昼間はもちろん、勢い込んで夜のビーチにくり出しても、全く声かけ出来ず、ぶらぶら一往復して帰ってくるだけ。

 しかし、その年は何が違ったのか、夜、いつものように皆でビーチを徘徊した後、宿に戻っても、私は気持ちを鎮めることが出来ませんでした。

眠りにつこうとするシャイボーイ達をよそに、一人の友人を誘い、再び戦場へ出撃したのです。

 もう真夜中になっていましたが、盆休み真っ只中ということもあって、ビーチには、たむろする若者達が何組もいました。その中に、夜の海を見つめながら、話し込む女の子二人組を発見。

いつもならもじもじして、なかなか踏み出せない私と友人Mでしたが、意を決して、歩み寄っていきました。


ビーチでナンパなんてめんどくさい!恥ずかしい!という方は、PCMAXを利用して、ネットナンパを楽しまれては如何でしょうか。若いお嬢さんもたくさん登録しています。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

無料登録して、最初に貰えるポイントだけでもそこそこ遊べます。是非一度、お試しください。

私の成功体験はこちら、登録の仕方やお得な利用方法等はこちらで記事にしています。


むずむずガールズ

  第一声が何だったのか、さすがにもう覚えていません。普通に「どうも」とか「こんばんは」だったのか、奇をてらった声かけをしたのか。声をかけながら、彼女達を挟むようにして、砂浜に腰を下ろす私とM。

彼女達の反応は、ノリノリというわけではありませんが、冷たくあしらうというわけでもなく、私達が会話に交ざるのを、自然な感じで受け入れてくれました。

 彼女達は、S町出身の同級生で、24歳。一人はそのままS町で暮らしていて、もう一人はS町から出て就職し、盆休みで帰省したので、夜の砂浜で再開し、語り合っていたとのこと。

そんな大事な時間にお邪魔してしまったにもかかわらず、恋バナを中心に、明け方まで話しこんでしまった私達。

二人とも彼氏がいるとのことで、メールアドレスの交換はかなり渋られたのですが、そこを何とかお願いしますと粘りまくり、

親指数当てゲーム(いっせーのでで親指を立てるか立てないかして順番に数を言い合う例のアレ)で勝利したのを条件に、ゲッツすることに成功したのでした。

行動開始

 S町からの帰りの車中で、Mが早速メールしてみると、S町から出て就職している方の子(Eちゃん)からは、すぐに返事があり、反応も良いとのこと。負けじと私も二人にメールを送り、やはりEちゃんから返事が。

結局、私にもMにも、もう一人の子からは返事がありませんでした。彼氏がいるから、当たり前といえば当たり前。

 帰宅してからも、Eちゃんとのやり取りは続き、Mに先がけて、早速、会うことに。最初は渋っていましたが、押しに弱いタイプのようで、何度かお願いすると、OKしてくれました。

当時の私は、いかに低投資でペロペロに到達するかというのをモットーにしていたため(今もその心意気はありますが、さすがにこの年でそんなにはケチれない)、ガソリン代以外、極力出費を抑えられる、ナイトドライブを提案。

愛車の軽で、Eちゃん宅に向かいます。S町での出会いから、僅か2,3日後のことでした。