山形市で出会いたい・一日目3 | 頑張れナンパおじさん

夜の山形駅

 アラフォー未婚、彼女もいない孤独なおっさんの、晩夏の山形一人旅。

一年ぶりの旅先ナンパへ向け、意気揚々とホテルを出ましたが、山形市の繁華街、七日町の夜は、金曜とは思えないほどに人通りが少なく、

さながら私は、ゴーストタウンを彷徨う亡霊のようになってしまいました(前回の記事→山形市で出会いたい・一日目2 | ゴーストタウン)。

七日町から山形駅前へ

 山形市の人口は、約25万人。同じくらいの人口である、山口県下関市でナンパを試みた際(→下関市で出会いたい・一日目 | 長州の女剣士)、平日夜の人通りの少なさに苦労させられたので、

今回は、宿泊代が高くつこうとも、週末を選んだのですが、まさか、それでもこんなに少ないなんて・・・。

とはいえ、一人歩きの若い女性が全くいなかったわけではなく、3,4人くらいは見かけたのですが、残念ながら、タイプではありませんでした。

夜の山形市七日町

 そんなわけで、七日町では一人も声をかけることなく、もう一つの繁華街である、山形駅前へと向かうことに。

20時過ぎにホテルを出て、時刻はすでに21時半を回っています。一時間半も彷徨ってしまいました。

出発した当初は涼しく、ナンパに適した夜だと感じましたが、ずっと歩いていると、さすがに汗が出てきます。

おっさん臭がちゃんと香水で抑えられているか、気になってしまいます。きっと漏れ出ていることでしょう。

山形駅前歓楽街

 七日町通りを南下し、ホテルの前を通り過ぎて、駅前大通りへと出ました。右折して、駅の方へと進んでいきます。

道幅が広くなり、車の量が増えたせいもあってか、少し賑やかになったように感じます。

夜の山形駅前大通り

 駅に近づいていくにつれて、その傾向は顕著になり、下原山形停車場線という、飲み屋が並ぶ通りとの交差点まで来ると、七日町と比べ、明らかに人通りも灯りの量も増えました。

駅から帰る人や駅へ向かう人もいるので、人通りが多いというのもあるでしょうが、これから飲み会、二次会、もしくは解散直後と思われるグループが何組も目につき、居酒屋やカラオケの呼び込みも立っていて、そこそこ活気を感じます。

七日町より駅前の方が賑やかだという、ネットで見た事前情報は事実でした。

夜の山形駅前飲み屋通り

 さらに駅へ近づくと、右手(大通りの北側)に、キャバクラやスナック、ガールズバー等が固まる一角があり。駅前歓楽街といったところでしょう、客引きも多く立っています。

なかなか年季の入った、味のある建物も多く、撮影しながら見て回りました。

夜の山形駅前歓楽街

山形駅前ペデストリアンデッキ

 そうこうしている内に、22時を回り、そろそろ声かけせねばと、駅前ペデストリアンデッキへ上がってみました。

デッキ上には、広場があります。ベンチには、一人で佇む若い女性などおらず、JKくらいの年齢と思われる二人組、缶ビール片手に語り合う若いお嬢さん二人組、ぼっちリーマンのみ。

コンビでナンパ出来るなら、缶ビール片手のお嬢さん方に是非とも声をかけたいところですが、金も度胸もないおっさん一人では、打つ手はなし。

夜の山形駅前ペデストリアンデッキ

 駅ビルのコンコースへ移動し、待合室を覗いてみると、意外にも、なかなかの盛況ぶり。一人でスマホ弄りをしているミニスカお嬢さんもいましたが、顔がイマイチでした。

可愛くても、どうせ人か電車を待っているのでしょうし、声かけ出来なかったと思いますが。

 その後も、駅周辺を歩きましたが、目ぼしい女性はおらず、まだ一人も声かけ出来ないまま、時刻は22時50分。

歩き回って暑くなり、汗もかいたので、おっさん臭を軽減させるため、デッキ上広場のベンチで涼むことに。

JKくらいの年齢と思われる二人組は、まだ居座っていましたが、23時を過ぎると、立ち去っていきました。


ストリートナンパなんてめんどくさい!効率が悪い!という方は、PCMAXを利用して、サクッといっちゃってください。全国に対応しているので、旅先で遊ぶ女性を事前に確保しておくということも出来ます。

PCMAX(R18)の無料登録はこちらから

登録して最初に貰えるポイントだけでもそこそこ遊べます。是非一度、お試しください。

私の成功体験はこちら、登録の仕方やお得な利用方法等はこちらで記事にしています。


黒髪ロングは千鳥足

 休憩後、再び駅前をぶらつきましたが、ナンパ対象となるような女性は見つからず、睡眠不足による疲れもあって、またデッキ上広場のベンチへ戻ってきてしまいました。

人口の少ない街で23時を回って、まだ一人も声をかけていないとあっては、かなり厳しい状況と言わざるを得ません。

何とかして、最初の一歩を踏み出さなくてはと、気合を入れて立ち上がります。デッキ上からロータリーを見渡し、血眼になって、一人歩きのお嬢さんを探しました。

しかし、やっと見つけても、明らかに帰宅途中か行き先が決まっているであろう早歩きだったり、ゆっくり歩いていても、電話中だったり。

デッキ上を歩くお嬢さん方も、駅から帰っていくか、駅へ向かっていくかで、皆さん急ぎ足です。

夜の山形駅前ロータリー

 そんなこんなで数人をスルーして、23時18分。引き続き、駅前を見下ろしていると、通りに面したベンチに一人で腰かける、黒髪ロングストレートの女性を発見!

服装も体型も問題ありませんが、距離があるので、若いかどうかの判別は難しいところ。おばっている可能性もありますが、これを逃しては流れは変わらぬと、直ちに向かいました。

デッキから通りへとエスカレーターを下りると、女性もちょうど立ち上がり、こちらへ歩いてくるではありませんか。

その足取りは頼りなく、千鳥足といっても良いほどふらついています。これはチャンス!

ナンパ体勢に入り、近づきましたが、そのお顔の見た目は、四十代後半くらい・・・、がっつりおばさんでした。

慌てて距離を取り、通り過ぎました(;´Д`)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする