下関市で出会いたい・二日目 | 優しき美女

下関駅前商業施設

 昨年9月に福岡市へ行って以来(その時の記事→博多美女と出会いたい・一日目1 | 夜に到着)、半年ぶりの一人旅。

昼はレンタサイクルで市内観光、夜はナンパ即ゲットを夢見て現地女性に声をかけ歩くという、イタいおっさんの、衰えた体に鞭打つハードな旅です。

今回の主要目的地は、福岡県北九州市ですが、その前に、せっかく西の遠方まで行くので、関門海峡を隔てて隣町である、山口県下関市にも2泊だけすることにしました。

山口県で最大の人口を誇る市なので、前々から一度、泊まって観光したいと考えていたのです。

 一日目は、17時過ぎに下関駅着だったため、夜の街散策と少々の声かけをしたのみ。

下関駅周辺の夜の風景はなかなか見ごたえがありましたが、ナンパをするには、人通りが乏しく、たった二人にしか声をかけられないという、寂しい結果に終わりました(前回の記事→下関市で出会いたい・一日目 | 長州の女剣士)。

朝食バイキングで満腹

 人通りの少なさから、22時台でナンパを切り上げたため、これまでの旅に比べて、早い時間に床に就けましたが、旅の興奮からか、なかなか寝付けませんでした。

二日目の朝は、7時半にアラームで起床。もう少し寝ていたかったのですが、朝食バイキングの時間が9時までのため、仕方ありません。

 前日の夜は、宿泊代以外に一銭も使わず、行きの電車内で食べる用に持ってきたお菓子の余りを夕食としました。まだ余っているので、この日の夜も夕食はお菓子です。

昼食は抜くので、一日のカロリーをほぼ全て朝食バイキングで摂取するつもりで、胃袋に放り込んでいきました。

朝食バイキング付きのビジネスホテルに泊まると、毎度、このように何杯もお代わりして食べ続けるので、配膳のおばちゃんがドン引きします。

 食へのこだわりがほとんどない、私ならではの旅の節約法です。旅先の名物を食べることも滅多にありません。

こうして節約したお金を、ナンパしたお嬢さんとの食事代に充てるのです。低収入のおじさんが旅とナンパを楽しむには、こうするしかありません。

ハミケツラッキーサイクリング

 満腹になった後、部屋に戻って、暫し休憩。身支度を整えてホテルを出たのが、9時半前でした。まずは、午前中の駅前風景をぶらぶらと見て回りながら、数枚撮影したのも束の間。

下関グリーンモール入り口

一日利用(17時まで)400円のレンタサイクルに跨り、下関市内を疾走しました。

下関市唐戸交差点の風景

観光名所から、

海峡ゆめタワー

寂れ気味のアーケード商店街、

下関市唐戸地区アーケード商店街

寂れきった商店街、

下関市長門市場

住宅街のマニアックな路地まで、思いのままに観光。

下関市住宅街路地

まだ春だというのに、早くもしっかり日焼けしてしまいました。

下関市郊外の風景

 関門海峡を挟んで対岸の北九州市門司の街を望めるウォーターフロント「あるかぽーと」。

あるかぽーと

平日にも拘わらず、観光客でそこそこ賑わっていて、ホットパンツからハミケツしているお嬢さんを拝むこともでき、たいへん元気を貰えました。

腰の低い美女

 サイクリングを終えて、夕方の駅前をぶらぶらし、ホテルへ戻ったのが15時半。眠れたのかどうかわからないような浅い仮眠で一応、疲れた体を癒し、夜の街へと出たのが、20時半でした。

昨夜と同様、よさげなお嬢さんを求めて、駅前をうろつきます。ショルダーバッグにはもちろん、こいつ(→カマグラPOLO(KamagraPolo)100mg[パイン])を忍ばせて。

 21時、やっとのことで、駅前大型商業施設・シーモール前の広場をとぼとぼと歩くお嬢さんを、遠くから発見。

灰色パーカーに濃い青のジーパン、茶髪ロングに軽くパーマをかけています。体型は中肉中背。

右側から近づいていくと、まだ少し距離がある状態で私の存在に気づき、こちらを向いて目が合ったので、手を振ってみました。

おっさんに手を振られて顔をそらすかと思いきや、イヤホンを外して、話す態勢を取ってくれる優しいお嬢さん。

 「旅行で来てるんですけど、一人で晩飯を食べてもつまらなくて」と、食事に誘ってみたものの、やはり帰宅途中らしく、「すみません」と、断られてしまいました。

「何とか一杯だけ付き合ってくれませんか?お願いします!」と、合掌しながら頼み込んでみましたが、苦笑いで「すみません」の一点張り。

かなり申し訳なさそうにしてくれて、「こちらこそすみません」という感じで断念しました。

年齢は、昨夜の2人よりはちょっと上くらい、21、2か。肌が少し荒れていましたが、整った顔立ちのお嬢さんでした。

マイルドヤンキー集団

 再び物色を再開するも、なかなかこれぞという美女は現れず、時間と体力が削られていきます。

駅前の中心商店街であるグリーンモールの入り口付近に低価格の居酒屋が並んでいるので、出来ればその付近で声をかけ、自然な感じで連れ込みたいのですが、一人歩きのお嬢さんはなかなか見かけません。

下関グリーンモール商店街

 仕方ないので、ペデストリアンデッキへ上がり、シーモール前の広場へ戻ると、マイルドヤンキーな若者男女が7,8人、楽しそうに溜まってやがります。

その中に、ホットパンツや超ミニスカのお嬢さんもいて、「くそっ!やらせろ!」と、心の中で叫んでしまいました。

 その後も物色を続けましたが、よさげなお嬢さんは見つけられず。マイルドヤンキー達もまだまだ居座りそうで、やりにくいので、21時半、前日よりさらに早めの撤退を決意。

本州最西端の街・下関の夜、これで終了というのは、名残惜しいのですが、このまま意地になって、人通りの少ない中で粘っても効率が悪いので、潔く切り上げて体力を温存し、翌日から滞在する北九州市小倉での夜ナンパに注力することにしました。

さらば下関

 というわけで、二日目の夜は、一時間しか出歩かず、一人に声をかけたのみ。結果、下関では、二日間でたった三人にしか声かけ出来ませんでした。

山口県で最多人口の市とはいえ、26万人ほど。平日の夜だと厳しいだろうとは予想していましたが、こんなに人通りが少ないとは思いませんでした。

人口50万人に満たない地方都市においては、おっさんのくせに選り好みする私が一人でナンパをするには、昼間頑張るか、夜だと、せめて週末に決行しないと、声かけすら難しいというのを実感しました。

下関駅前国道9号

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『下関市で出会いたい・二日目 | 優しき美女』へのコメント

  1. 名前:とん 投稿日:2019/09/10(火) 22:59:06 ID:9b1f8b271 返信

    下関在住です。
    顔も可愛くないですし、デブですが出会いたかったです!

  2. 名前:河合ペロペロ 投稿日:2019/09/11(水) 14:33:26 ID:aa985af43 返信

    とんさん、初めまして。
    コメントありがとうございます。
    そうですね。出会いたかったですね。
    今度そちらの方へ行くことがあれば、是非、お願いしたいです。