PCMAXで知り合った18歳女子大生の処女を奪う4 | 対面

天使のイラスト

 希少だが、探せば確実にいると言われている、おっさん好きの若い子を求め、出会いマッチングサイト・PCMAX(R18)を利用した、アラフォー独身の私。

若い子に絞って、十数人にメッセージを送ってみたところ、4人から返信あり。その内、最もスムーズにやりとり出来た、18歳女子大生のYちゃんとカカオIDを交換。

その後の会話で、何と、このYちゃんは、早く初体験を済ませたいと願う、変態妄想で頭がいっぱいの処女だということが判明しました。

 処女を相手にしたことなど一度もありませんでしたが、「痛みを感じさせずに、気持ちよく貫通させてみせる」と、適当なことを言って誘惑し、三日後に私の部屋で会うことに。

しかし、前日までは、長時間の通話もするなど、ノリノリだったYちゃんが、当日、急にテンションダウン。

待ち合わせ時刻を過ぎても連絡がこず、ドタキャンもしくは最初から冷やかしだったのかと完全に諦めていたところ、

間もなく到着する旨の連絡が入ったため、慌てて身支度を整え、家を出たのでした(前回の記事→PCMAXで知り合った18歳女子大生の処女を奪う3 | いよいよ当日)。

変態処女登場

 待ち合わせ場所は、私の家の最寄り駅。チャリで5分くらいですが、Yちゃんからの連絡が遅かったので間に合わず、駅ビルで待っているように伝えておきました。

果たして、ただの時間にルーズなお嬢さんだったのか、それとも、やはり冷やかしで、実際は来ておらず、おっさんをとことん振り回すつもりなのか、判断がつかないまま、ペダルを漕ぎます。

来ているとしたら、どんなお嬢さんが待っているのか、ワクワクドキドキしながら、駅へ到着。エスカレーターを上がり、駅ビル内へ。

 入口自動ドアを抜けて間もなく、某書店の前に佇む、Yちゃんらしき女性を発見!冷やかしではありませんでした!

事前に交換していた顔写メと同じ、黒髪のショートカット。気管支が弱いらしく、暑くなってきたにも拘わらず、マスクをしているとのことだったので、間違いなさそうです。

壁にもたれかかりながら、スマホをいじいじしているため、私が近づいていることには気づいていない様子のYちゃん。

丸顔なことがわかる写メや、「元々太っていて、最近さらに太った」という本人の証言から、高確率でデブが来ると予想していたのですが、

スキニージーンズを穿いた下半身は、少し肉付きが良い程度の太さ。全然、合格ラインです!

当たりかも

 背は恐らく、160センチ弱くらい。「Yちゃん?」と、声をかけると、やはり合っていました。

マスクをしているので、口元はわかりませんが、目元はパッチリしています。これは当たりか!?

初日のやりとりで、「顔が写らなければハメ撮りOK」という、処女とは思えぬぶっ飛んだお言葉を頂戴していたため、駅ビル内の某百均ショップにて、一緒にアイマスクを選び、購入しました。

 後ろに乗るように促しましたが、断られたため、仕方なく、チャリを押しながら、徒歩で私の家へと向かいます。

決して、とびきりの美人ではありませんが、本当にこんな、ごく普通に見える女子大生が、激しく犯されたいという願望を抱き、妄想し、自分を慰めているとは・・・。

そして、いくら早く卒業したいとはいえ、私みたいな出会い系で知り合ったよくわからんおっさんに、処女を捧げにくるとは・・・。

これが現代っ子の貞操観念なのでしょうか。並んで歩きながらも、信じられない思いでいました。

 私の家にはお茶くらいしかないので、途中、コンビニで飲み物を買ってやろうかと言うと、飲み物くらい、自分で買うからいいとの返事。

最近の若い子は、何でも男に奢らせるのではなく、割り勘意識が根付いていると聞いたことがありますが、大変けっこうなことです。

Yちゃんが飲み物を買っている間に、スケベ仲間のLINEグループに、私の無事を知らせるメッセージを送信。

デブではなかったことの安堵が大きく、思わず、「めっちゃ可愛い子が来た!」と、送ってしまいました。


見た目は普通、中身は変態の18歳処女大生と出会えた!

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

無料登録して、最初に貰えるポイントだけでもそこそこ遊べます。是非一度、お試しください。

登録の仕方やお得な利用方法等はこちらで記事にしています。


処女がおっさんの部屋へ

 そんなこんなで、私の家へ到着。一応、マンションですが、1Kの狭い部屋で、数年前に彼女と別れてから、男女ともに誰一人として上げていません。

まさか、18歳の女子大生(しかも処女、しかも変態)が降臨する日が来るなんて。

部屋に入った以上、もう覚悟も出来ているでしょうし、犯され願望の持ち主だとわかっていたので、いきなりヤッてやろうかとも思いましたが、結局、とりあえず腰を下ろし、テレビをつけて、まったり喋ってしまいました。

マスクを取ったYちゃんは、体の割にアゴ肉が豊かでしたが、私の判定では、並みかちょっと下くらい。

若さがありますし、お乳はFカップ。おっさんが頂けるタダマンとしては、上等な部類です。

 実際に目の前にして、おば疑惑は払拭されましたが、逆に、18歳未満である危険性に注意しなければなりません。

念のため、学生証を確認すると、確かに、2000年3月生まれでした。早生まれなので、18歳になって間がない大学1年生ということになります。

2000年・・・、二十世紀最後の年、あなたは何歳でしたか?私はすでに、成人していました。

自分の成人後に生まれたお嬢さんとペロペロ出来るなんて、ましてや、処女を頂けるなんて、若い子好きのおっさんとして、感動しかありません。

 長々と会話していても仕方がないので、トイレに行ったついでに、愚息を拭き清め、さらにキッチンにて、棚に忍ばせていたこいつ(→カマグラPOLO(KamagraPolo)100mg[パイン])を飲んで、チン闘態勢を整えました。

前戯を終えた頃には、ビンビンに仕上がっているはずです。