週末の夜に怪しいおっさんナンパ集団

ブラジリアン柔術の格闘家

 自己紹介もひと通り終わりまして、思い出話ばかりしているのも何なので、ぼちぼち現在の出会いの状況を書きたいと思います。

おっさんナンパ集団現る

 私は、地元の某スポーツサークルに入会しているのですが(野郎ばかりなので、サークル自体での出会いは皆無)、先日(といっても、もう二ヶ月くらい前)、そのサークル活動を終えて夕食の後、仲間達と近くの繁華街(神奈川県某市内)へナンパをしに行きました。

たまに一緒に声かけをする、私と同い年のK、三十半ばのA、今回初参加となる、三十前のC、そして私という、高年齢なナンパ集団。

最安のコインパーキングにそれぞれの車を止め、駅前へ向かいます。

 時刻は、すでに23時。土曜だったので、遊び疲れて帰ってきたのであろう人々が、改札口の方から吐き出されてきます。

その中から、自分好みで、且つ、声かけに反応してくれそうな女性を選別すべく、四人並んで佇む、怪しいおっさんナンパ集団。

 クールそうですが、ジーパンがよく似合う、スラッとしたスタイルのギャルっぽいお嬢さんに目が留まり、たまらず突撃。

案の定、ガン野シカ子さんでしたが、地蔵になりがちなおっさんナンパ集団なので、最初の一歩を踏み出すことが肝心です。

この後も、仲間達を発奮すべく、率先して声をかけにいく私でした。

 四人並んで佇んだり、地蔵トークをしたり、分離してみたりしながら、1時過ぎの終電をもって、今回の声かけは終了。

声かけ人数は、私が十数人、Kが十人弱、Aが5人くらい、初参加のCが2人でした。

結果は、ガンシカか少しだけ話して終了のパターンがほとんどでしたが、唯一、私とAがコンビで声をかけた二人組の内の一人から、LINEをGETできました。

超絶美少女

 声をかけた中で、最も印象的だった女性は、かなりざっくり目の上着で、肩と背中を大きく露出させていた、二十歳前と思われるお嬢さんでした。

黒髪で、長さは肩くらい、身長は160センチくらいの、超絶可愛い子で、愛想も良く、歩きながら暫し談笑してくれましたが、家で家族が待っているとのことで、連絡先の交換ももちろんNGで、そのまま去っていってしまいました。

 まだあどけない感じもあったので、もしかしたら、JのKだったのかもしれません。今年、声をかけた中で、一番可愛いお嬢さんでした。

その可愛さは、私に声かけを譲ったはずのKが、我慢できずに後をつけ、私が諦めた後に、重ねて声をかけてしまったほど。私は追われていたことに全然気づきませんでした。

あれだけ可愛くて、露出度も高いとなると、声をかけずにいられなくなってしまったのでしょうが、やはりKも撃沈されてしまいました。

終電間際の二人組

 LINEゲッツ出来たのは、終電間際になって、このままでは坊主で終わってしまうと焦りだし、とにかく若かったら良いやと、私とAで慌てて声をかけた、二人組のお嬢さん方の内のお一方です。

 私よりちょっと高いくらいの、170くらいありそうな長身の黒髪ロングと、中肉中背な茶髪ロングのきれいめお嬢さん二人組

隣町で飲んで帰ってきたところで、今からもう一軒行くとのこと。

是非、ご一緒させてくださいとお願いしたところ、長身のお嬢さんはかなり酔っ払っていたこともあり、快諾してくれましたが、茶髪の方のお嬢さんは、おっさん二人のことをかなり怪しんでいる様子。

「ここで何をしてたんですか?」と訊かれ、「ダイエットのためにウォーキングしてたんですよ。そしたら偶然、きれいなお嬢さん方を見かけたんで。」と返しましたが、全くウケませんでした。

 結局、茶髪お嬢さんの警戒心を解くことは出来ず、しつこく粘って雰囲気を悪くするのも何なので、一旦、引くことに。

最後にダメ元でLINE交換をお願いしてみると、長身のお嬢さんが、快く教えてくれました。

「また後で連絡します。カラオケに行くことになったら誘いますね。」と言い残して飲み屋の方へと消えていったお嬢さん方。

茶髪のお嬢さんは、女子二人でじっくり飲みたかったのでしょう。強引に割って入るのは、気が引けました。

寄り添う黒髪と金髪の女性

まさかの再会

 というわけで、連絡を待ちつつ、再び声かけを続ける、おっさんナンパ集団。

30分くらい続けていましたが、さらなる収獲は無く、終電も無くなって人通りもまばらになったため、撤収となりました。

 駐車場へと向かう道すがら、女性だけで飲んでいる子達はいないかと、磯○水産を外から覗いてみると、何と、LINEを教えてくれたお嬢さん二人組が、カウンターで飲んでいるではありませんか。

ここで飲んでたのねと、驚いていると、向こうも気づいた様子。

俺達も乱入して良いかという風に、ジェスチャーを送ると、LINEを教えてくれた黒髪のお嬢さんは、OKっぽいのですが、やはり、茶髪のお嬢さんが、まだ警戒しているみたいでした。

 サークル活動からのナンパ活動で、おっさん達はかなり疲れていたこともあって、今日のところはもう、引き上げることに。

LINEゲッツしているのだから、そんなに強引に合流しなくても、また次の週にでも、誘ってみれば良いのではないかという安心感もありました。が、この決断が、後に間違いだったと気づきます。

やってもうた

 帰宅し、入浴後にLINEをチェックしてみると、先ほどのお嬢さんから、「どこ行きました?」とのメッセージが。送信されてから、30分近く経っています。

慌てて返信し、車で再出撃する覚悟も決めましたが、いくら待っても、既読にすらならず。

あの時、帰らずにちゃんと待っていたら、もしくは、メッセージが届いた時に、すぐに返信し、車で向かっていたら、カラオケなり何なりに、合流できていたのでしょう。

もったいないことをしてしまいました。

 翌日の夜になって、ようやく、既読になりましたが、特に返信は無し。その後も、ゆるーくやり取りを続けていますが、向こうのテンションは低め。

やはり、酔っているからこそのノリの良さだったのですね。

可能性は低いと思いますが、ブロックされているわけではないので、いつか再会できることを信じて、温めておきたいと思います。


ストリートナンパなんてめんどくさい!恥ずかしい!という方は、PCMAXを利用して、ネットナンパを楽しまれては如何でしょうか。若いお嬢さんもたくさん登録しています。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

無料登録して、最初に貰えるポイントだけでもそこそこ遊べます。是非一度、お試しください。

私の成功体験はこちら、登録の仕方やお得な利用方法等はこちらで記事にしています。