小倉美女と出会いたい・一日目 | 駅前に咲く薔薇

小倉駅前1

 久々のおっさん一人旅、山口県下関市で二泊した後は、関門海峡を越えて、隣の福岡県北九州市へ行きます(前回の記事→下関市で出会いたい・二日目 | 優しき美女)。

北九州市は、福岡市に次ぐ九州第二の都市で、政令指定都市です。かつては、人口百万を超えていましたが、現在は、95万人ほどに落ち込んでいる模様。

といっても、全国13位で、県庁所在地ではない市の中では、川崎市に次ぐ人口の多さ。大都市であることに変わりありません。

今回の旅では、市内で最も栄えている小倉駅周辺地区の某格安ビジネスホテルに4泊し、観光とナンパを楽しんできました。

昼は電車で筑豊、北九州巡り

 下関で迎える最後の朝。前日、あまりの人通りの少なさから、夜ナンパを早めに切り上げたにも拘わらず、なかなか寝つけませんでした。

電車の時間に合わせて、6時半に起床。前日同様、朝食バイキングをこれでもかとかきこみました。この日も昼飯を抜くつもりです。

満腹状態で身支度を整え、ホテルをチェックアウトして、下関駅へ。下関から小倉までは、関門トンネルを潜って電車で十数分です。

 9時前に小倉駅へ到着。駅前の賑わいや、建ち並ぶ立派なビル群、駅ビルから大通りへと延びるモノレール等を見ると、都会に来たなと感じます。

小倉モノレール

宿泊予定のホテルは、駅から少し離れているため、徒歩15分ほどかかりました。もちろん、チェックイン時間まではまだまだ先なので、フロントに荷物を預け、再び小倉駅へ。

 この日の昼は、電車にて、田川伊田、

田川伊田駅前商店街

田川後藤寺、

田川後藤寺駅前商店街

直方、

直方駅前

若松、

北九州市若松区ゑびす市場

折尾、

折尾駅前

黒崎、

黒崎駅前

門司港と巡り、

門司港

18時半前、くたくたになってホテルへ帰還。

夜は小倉歓楽街を散策

 下関での二泊と合わせて体力の消耗が激しく、あまりに疲れすぎて、この日の夜ナンパは断念することにしました。

小倉の夜を楽しみにしていたのですが、翌日の昼にはハードなレンタサイクリングが控えているので、苦渋の決断です。

夜ナンパを一日休止するなんて、おっさん一人旅において初めてのことで、加齢による体力の衰えを感じました。

旅行中、あまりよく眠れていないことが、疲れに大きく影響していると思うのですが、寝つきが悪いのも、年を取ったせいなのでしょうか。

 夜ナンパは断念したものの、ホテルの部屋に引きこもるには早すぎるので、夜の街を少しだけ見物と撮影しに出かけました。

ちょうど、ホテルが歓楽街の中に立地していたため、小倉一泊目の夜は、歓楽街のみを見て回ることに。

歩きすぎて足の痛みが限界に達しそうだったので、ホテルのレンタサイクルを利用しての散策です。

 19時過ぎ、ホテルを出て、正面の小文字通りという道路を渡り、向かい側にある堺町公園のそばを通ると、公園内に一人で座っているお嬢さんが三人もいて驚きました。

小倉堺町公園

まだ早い時間だからというのもあるとはいえ、そんなに大きな公園ではないのに、三人もいるなんて。人待ちだとは思いますが、明日からの夜ナンパに期待が持てます。

内一人は、いかにもな感じの派手めなお嬢さんだったので、同伴の待ち合わせだろうなと推測しながら見ていたら、案の定、現れたチョイ悪そうなおっさんと連れ立って、夜の街へと消えていきました。

 同伴カップルを見送り、歓楽街の散策を本格始動。鍛治町一丁目と堺町一丁目、そして、私の宿泊したホテルが建つ、紺屋町の一部が小倉の歓楽街ということになるのだと思います。

小倉歓楽街1

特に、鍛冶町と堺町には、バブリーな雰囲気の煌びやかな飲食ビルが何棟もあり、金があったら楽しく遊べるだろうなと、憧れを抱きながら見て回りました。

小倉歓楽街の飲食ビル

小倉ディープゾーン

 下関と同じく、小倉を訪れるのも、二十年ぶりくらいになります。その時は、宿泊はせず、日中にそこそこ長時間、駅周辺をぶらぶらしました。

当時とは風景も変わっているでしょうし、記憶もかなり薄れているので、今回、初めて訪れたと言ってもいいくらいの新鮮さで、見物することが出来ます。

 夜ナンパを休止するくらい疲れていて、この日は歓楽街の散策だけで我慢するつもりだったのに、テンションが上がってしまい、小倉駅前まで足を延ばしてしまいました。

駅からすぐの、一等地であろう場所に、ストリップ劇場成人映画館が並ぶ怪しい一角があり、小倉のディープさを感じ取れます。

「薔薇族専門映画館」なるものもありました。ホモの方々のハッテン場となっているのでしょうか。

小倉薔薇族専門映画館

 ディープな駅前を暫しぶらぶらした後、アーケード商店街まで撮影してしまいそうになりましたが、体力の限界から夜ナンパを休止した身としては調子に乗りすぎなので、明日に取っておくことに。


ネットナンパなら、寝転がりながらでも楽しめます。全国対応のPCMAXを利用して、旅先で遊ぶ女性を事前に確保しておくという手もありです。

PCMAX(R18)の無料登録はこちらから

登録して最初に貰えるポイントだけでもそこそこ遊べます。是非一度、お試しください。

私の成功体験はこちら、登録の仕方やお得な利用方法等はこちらで記事にしています。


替え玉10円

 アーケード商店街と平行して伸びる、飲食店街を通ってホテルへ戻ろうとしたところ、「何回替え玉しても一回10円」という看板を掲げたラーメン屋を発見。

大食漢には大変ありがたく、にわかには信じられないくらいナイスなサービスです。

ニンニク臭くなってナンパに差し支えるため、旅行中に口にするのは我慢しているラーメンですが、この日はナンパは休止。

朝、下関のホテルで朝食バイキングを食べて以来、お茶と飴しか口にしておらず、空腹極まりない状態だったということもあり、入店することに決めました。

 替え玉10円というのは、この上なくお得なのですが、ラーメン一杯がいくらなのかは、店外からはわかりません。高めの値段に設定されているのではないか、という懸念を抱きつつ入店するも、とんでもない。

メニューを見てみると、一番安いラーメンで税込650円と、良心的な価格。もちろん、それを注文し、ニンニクをたっぷり入れて、晩飯は抜くつもりで替え玉を4回。満腹になりました。

大浴場付き

 腹を満たしたところで、再びホテルへ向けてチャリを漕ぎます。近くのファミマにて、Tポイントで朝食用のパンを2つ購入し、部屋へ戻ったのが、21時。

一日の汗を流しに、大浴場へ。下関のホテルのように朝食付きではありませんが、レンタサイクルと大浴場を備えているのが、小倉で泊まったホテルの売りです。

まだ早い時間なので、混雑しているかと思いきや、嬉しいことに、利用者はほとんどおらず、私の他には、途中から入ってきたおっさん一人のみ。

二人きりでの入浴となりましたが、幸いにも、薔薇な展開になることはなく、のびのびと湯船に浸かって疲れを癒しました。

 風呂から上がり、翌日の準備など、あれこれして床に就いたのが、0時過ぎ。

恐らく上階と思われる輩がドタバタとうるさく、また、満腹状態というのもあって、疲れているのに、なかなか眠れませんでした。

小倉駅前ディープゾーン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする