変態夫婦と河原で寝取り遊び3 | 息子も小心者

ブーケを持つ新郎新婦

 先月のこと、いつものように、変態掲示板サイトをチェックしていたら、「平日の昼間、某河原の無料キャンプ場にて、車内で嫁を寝取ってほしい」という、変態夫婦による書き込みを発見。

負担も必要なく、場所さえわかれば、勝手に行って良さそうだったので、スケベ仲間の友人Aと共に、現場へ向かいました。

 到着すると、すでに寝取り駅伝は始まっており、参加者それぞれの車ではなく、主催者である変態夫婦が乗ってきた箱型軽自動車を、会場として使用している模様。

変態旦那、参加者の単独男性らと、車外で談笑しながら順番を待った後、私は第四走者として、変態奥さんと対面することになりました。

 第二走者の男性がフィニッシュ後の立ち話で絶賛していたこともあり、少々の期待を胸に車内へ乗り込んだのですが、待っていたのは、何と、前歯が一本抜けたおばさん・・・。残っている歯も、どうやったらそんな風になるのか、裏側が黒い・・・。

当然、私の愚息は委縮し、走り始めたばかりにも拘わらず、完走できる自信が失せてしまったのでした(前回の記事→変態夫婦と河原で寝取り遊び2 | 奥さんの容姿)。

歯抜けの威力

 変態旦那の年齢が35歳のため、奥さんもそのくらいかと予想していたのですが、対面してみると、40代後半くらいに見えました。

顔の作り自体はそんなに悪くないと思うのですが、老けていますし、何より、歯が抜けているので萎えます。自ら他人棒を求めるほどのイケイケ奥さんなのに、歯が抜けているんです。

なぜ、なぜなの!?なぜ歯を入れないの!?治療費が工面できないなら、寝取り参加者のスケベ野郎達から、多少なりとも、お心づけを貰えばいいんじゃないの!?

私はもちろん、一円たりとも払いたくありませんが、第二走者の男性くらい気に入ってくれる人がいたら、三千円くらいは払ってくれそうなものです。

 そもそも、あのベタ褒めしていた第二走者の男性は、このおばさんの何がどう良かったのでしょうか。いくらテクニシャンだったり名器だったりしたとしても、この容姿では、帳消しになってしまうと思うのですが。

私の愚息なんか、平常時未満のふにゃちん状態になってしまいました。ふにゃふにゃ過ぎて、チ〇コの芯というか、中身が無くなって、皮だけになってしまったのではないかという程です。

ふにゃふにゃを通り越して、まるで綿菓子のように、触ると溶けてしまいそうでした。

大丈夫よ

 歯抜け顔に衝撃を受けた後、動揺を押し殺しながら、まずはズボンだけを脱ぎました。

チン〇が委縮しすぎて、綿菓子のようになってしまった私でしたが、変態奥さんを傷つけないよう、「緊張してしまって(;´∀`)」と言うしかありません。

奥さんは、そんな私の心の内を知ってか知らずか、「大丈夫よ~( ´∀` )」と、微笑みつつ、パンツの上から円を描くように、私の愚息を撫で始めました。

言うからには、テクニックに自信があるのでしょうか。「大丈夫、大丈夫( ´∀` )」と繰り返しながら撫で続ける、全裸の変態奥さん。下はツルツルのパイパンです。

 こちらも何かしないと申し訳ないのですが、手を汚したくないため、下は触る気になれず、胸を触って、お茶を濁します。

スレンダーな体型で、おばさん太りはしていない変態奥さんですが、胸には張りがなく、縮こまった愚息を起き上がらせることは出来ませんでした。

 「わざわざ仕事をサボって高速で来たと言っていた、あの第三走者の営業マンは、この歯抜けでしょぼくれた乳のおばさんと対面した時、何を思っただろうか・・・。

AV男優みたいで、かっこよかったのに、わざわざこんなおばさんと・・・。でもきっちりフィニッシュして帰っていったのはさすが。」

などと考えながら触り合っていたら、「ほら、硬くなってきた( ´∀` )」と、変態奥さん。しかし、私にはそんな感覚はなく、もはや、自分のチ〇コが存在しているのかさえ、わからなくなっていました。

歯抜キス

 歯抜け奥さんが言うには、ふにゃふにゃだった愚息が硬くなってきたらしいのですが、本人である私には実感できず、ましてや、挿入可能な硬度には、程遠いように思えました。

「今日は調子悪いみたいなんで、出直してきます(;´∀`)」そう言っておいとまする勇気など、小心者の私には当然なく、体を重ねて、フィニッシュを果たさないことには、帰りにくい雰囲気です。

 一刻も早く終わらせて、この息苦しい空間から抜け出したい私は、何とかして勃起させようと、ディープキスをしてみることに。他の野郎のを咥えたであろう後で、間接フェラーリになってしまうので抵抗があったのですが。

そんな必死の試みも虚しく、ふにゃついたままの私の愚息・・・。キスの仕方が噛み合わず、何より、いくらディープキス好きの私でも、相手が歯抜けのおばさんでは、全く興奮しないのでした。

 クンニはおろか、手マンさえしないまま、お願いするのは気が引けるのですが、残る手段は、フェラーリのみ。

快諾してくれたため、パンツと、ついでにTシャツも脱ぎ、靴下とサンダルだけを履いた、ほぼ全裸状態となって、歯抜け奥さんの口淫を待ち受けます。

果たして、「大丈夫よ~」と豪語していた、変態奥さんの舌技は如何ほどか!?


歯抜けのおばさんを抱かなければならないほど、落ちぶれたくありません。PCMAXを活用して、自力でタダマンを見つけないと。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

無料登録して、最初に貰えるポイントだけでもそこそこ遊べます。是非一度、お試しください。

私の成功体験はこちら、登録の仕方やお得な利用方法等はこちらで記事にしています。