半年ぶりのストリートナンパ

イルミネーションとコーヒーを飲む女性

 PCMAXで知り合った超肉食女子(仮)にドタキャンされた後、かなり久々にナンパに行ってきました。

元々、この日の夜はナンパに行こうと思っていたのですが、超肉食女子から突然アポが入り、予定変更するところだったのです(前回の記事→PCMAXで超肉食女子とLINE交換)。

 出先で素敵なお嬢さんを見つけて、思わず声をかけてしまうということは何度かあったのですが、ナンパするぞという決意の下に出かけたのは、昨年、福岡にナンパ一人旅に行って以来なので、超久々です。

といっても、都心の方まで出かけたわけではなく、チャリで近場の繁華街へ向かいました。

出だしは地蔵

 21時半頃に、目的の駅前繁華街へ到着。昼間には、違法駐輪を取り締まるおじさん方が厳重警戒していますが、夜は無法地帯と化しています。私のチャリも、その中に紛れさせておきました。

冬の夜風に寒気を感じながら、駅前通りやペデストリアンデッキをぶらぶらと歩きます。金曜の夜とあってか、人通りはそこそこありますが、ベッドタウンなので、大半が家路を急ぐ人のようです。

 商業施設前から、駅の方へ向かっていると、すれ違う人の流れの中に、私好みの若くて美しいお嬢さんを発見。声をかけようか一瞬迷いましたが、半年のブランクのせいか、動けず、そのまま通り過ぎてしまいました。

 小心者な自分を恥じつつ、駅裏へ。ベンチに座って、スマホをいじいじしているお嬢さんがいました。スマホを覗き込んでいるので、お顔の程はわかりませんが、服装からして、かなり若そうです。

寒い中、わざわざ外のベンチに座っているのだから、きっと人待ちだろうと判断し、とりあえずコンビニへ。

何を買うでもなく、店内をうろうろして、再び外へ出てみると、スマホいじいじお嬢さんは、まだ座ったままでした。

と、思いきや、立ち上がり、帰宅するのか、駅と反対方向へ歩いていくお嬢さん。追いかけようかと思いましたが、周りを歩く人との距離が近いのが気になって、やめてしまいました。

 久々に頑張ろうと思って出てきたのに、2人も地蔵でやり過ごしてしまった、もじもじおじさん。情けないったらありゃしない。

一人目

 本来なら行くべき女性に行けなかったことで、このままでは帰れないと、覚悟が決まりました。

2人、地蔵してしまったので、最低でも2人(低い目標)には声をかけて帰るぞと、意気込みつつ、再び駅前へ。

ペデストリアンデッキからロータリーを見下ろすと、周りの人と良い感じに距離が開いた状態で歩く、黒髪のお嬢さんを発見。

離れているので、はっきりとはお顔の程がわかりませんが、悪くはなさそう。ひとまず狙いを定め、階段を下りました。

 タイミングを計りつつ、早足で近づきます。身長は、150代前半くらい、中肉の体型。ジーパンに茶色のムートンブーツを履いています。

イヤホンをしていたので、躊躇してしまいましたが、左横から「こんばんは」と声かけ。「寒いですね~」と続けると、目線は合わせてくれないものの、笑ってくれました。

年は二十歳過ぎくらいでしょうか。なかなかの美人さんです。

「これからどっか食事でも行かれるんですか?」と、尋ねると、「いえ、帰ります」と、やっとこちらを向いてくれ、笑顔で返答。

「金曜の夜なのにもったいないですよ!焼肉でも行きましょうよ!」と、誘ってみるも、「帰ります(^^;)」の一点張りで、その後も少し粘ってみましたが、崩せず、お礼を言って撤退しました。

二人目

 結果はどうあれ、とりあえず一人、声をかけたことで、地蔵から解放されました。

再びペデストリアンデッキへ上がり、行き交う人々を物色していると、黒ズボンに黒コート、殺し屋風ファッションのお嬢さんを発見。

体型も見た感じの年齢も、先ほどのお嬢さんと同じくらい。ロングヘアーを茶色に染め、ゆるふわパーマを当てています。

 すかさず声をかけるも、困り顔で「すみません」を繰り返すばかり。「こちらこそすみません」ということで、早々に撤退しました。

タトゥーだらけの女性

三人目

 時刻は、22時を回りましたが、なかなか良さげなお嬢さんは現れず、徘徊を続けていると、日雇い労働者風の孤独そうなおっさんが、ちらほらと目に留まります。

このまま出会いがなく、独身から抜け出せなければ、自分もいずれはああなってしまうと、気を引き締めて物色を再開しました。

 暫くして、ショートボブに茶髪パーマ、駅と反対方向へ向けて歩く、小柄で細身のお嬢さんを発見。二十代前半くらいで、顔も悪くありません。

「こんばんは」「寒いですね~」と、声をかけ、「何か温かいものでも食べにいきませんか?」と誘ってみましたが、何を言っても、全て愛想笑いで、ペコリと頭を下げて返すのみ。

「じゃあ冷たいものにしますか?」と言うと少しだけウケましたが、最後まで言葉は発してくれませんでした。

四人目

 駅の方へ歩いてみるも、これといった女性は見当たらず、来た道をまた戻っていると、駅へ向かってゆっくり歩くお嬢さんとすれ違いました。

黒のタイトスカートに、同じく黒のストッキングを穿き、茶髪ロングを後ろでまとめた、中肉中背、二十代前半くらいのお嬢さん。

イヤホンをして音楽を聴いているっぽかったので、いったん見送ってしまいましたが、名残惜しく、振り返って後ろ姿を見てみると、やはり、かなりのスロースピードで歩いています。

これは行っとかなければと、慌てて引き返し、「こんばんは」と声をかけるも、ポーカーフェイスで「大丈夫です」との返答。

「寒いですね~」と続けるも、再び「大丈夫です」と返されたので、「喋っても大丈夫ってことですか?」と、オヤジジョークを飛ばしてみたら、ちょっとだけウケましたが、進展はせず。

久しぶりのナンパを終えて

 その後も少し歩き回りましたが、寒さと寂しさに耐え切れなくなってきたので、23時前に終了とし、繁華街を後にしました。

一時間半で四人にしか声をかけられず、結果は坊主でしたが、久々なので、こんなもんではないでしょうか(自分に甘い男)。

 夏のナンパと違って、汗をかかないのは良いのですが、マスクをしている女性が多いので、顔の判別が出来ないのが辛いところです。

また、冬だと肌の露出がないので、服装だけを見てたまらなくなって、勢いで声をかけるということが出来ません。小心者のおっさんにとって、勢いは重要なので。

ごくごくたまに、ミニスカ生脚がいたりして、「この寒いのにあんな格好をしているなんて、見られたがりのドスケベ女に違いない!」と、たまらず声をかけるというパターンもあるんですけどね。

 最近、久しぶりに会う友人に、「老けたなぁ」と言われることが度々あって、自分の見た目への自信の無さから、若い子に声をかけることに抵抗を感じてしまっているのですが、

おっさん丸出しの外見で成功(性交)させてこそ、おっさんナンパの真髄だと思い直し、今後も精進してまいります。


ナンパなんて恥ずかしいしめんどくさい!でも出会いたい!という方は、PCMAXに登録して、ネットナンパをしてみては如何でしょうか。老舗サイトだけあって、素人女性が多数登録しています。

PCMAX(R18)の無料登録はこちらから

登録時に貰えるポイントだけでもそこそこ遊べます。是非一度、お試しください。

私の成功体験はこちら、登録の仕方やお得な利用方法等はこちらで記事にしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする