梅雨の晴れ間にハミケツマスク

フェンスの前でしゃがむホットパンツを穿いた女性

 先月後半くらいの話になります。梅雨の晴れ間の平日の夜、馴染みの繁華街へ行ったついでに、一人でナンパをしてきました。

地味目の美人

 まず声をかけたのは、某漫画喫茶の前を歩いていた、大人しそうな感じのお嬢さん。服装も地味目でしたが、美しいお顔を見逃しませんでした。

「こんばんは」と声をかけ、近くで見てみると、やはりかなりの美人さん。本当に大人しい性格なのか、少し怖がられてしまったようで、ガンシカで終わってしまいました。

胸元ざっくり細身長身

 引き続きぶらついていると、対面の歩道に、かなり胸元がざっくりした服をお召しになった、細身で長身のお嬢さんが歩いているのが目に留まりました。

下は黒いジーンズで、露出は全くありませんが、それを補って余りあるほどの、胸元ざっくりです。細身なので、胸はほぼ平面でしたが、私は大きさは気にしません。

慌てて車道を渡り、声をかけると、お顔の方はそんなに可愛くありませんでしたが、愛想の良いお嬢さんで、丁寧に断られてしまいました。


ストリートナンパなんてめんどくさい!恥ずかしい!という方は、PCMAXを利用して、ネットナンパを楽しまれては如何でしょうか。若いお嬢さんもたくさん登録しています。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

無料登録して、最初に貰えるポイントだけでもそこそこ遊べます。是非一度、お試しください。

私の成功体験はこちら、登録の仕方やお得な利用方法等はこちらで記事にしています。


ハミケツマスク

 歩いて少し暑くなってしまったので、ベンチに座って涼んでいると、ホットパンツからケツ肉をはみ出させたアグレッシブなセクシーお嬢さんが、駅の方へ歩いていくのを発見。

マスクをしているので顔の良し悪しはわかりませんが、スタイル抜群ですし、声をかけないわけにはいきません。迷わず立ち上がり、後を追います。

ハミケツをガン見したまま歩いていたい欲望にも駆られましたが、振り切って声かけ。即座にため息を吐かれ、ガンシカ一辺倒の対応でフィニッシュ。

諦めた後、少し離れてから最後にもう一度だけ、ハミケツを拝観しようと、振り返りましたところ、こちらの魂胆をお見通しだったのか、あちらにも振り返られてしまい、目が合って気まずい思いをしてしまいました。

癒し系お姉さん

 ガンシカからの恥ずかしい結末を味わい、とぼとぼ歩いていると、ベンチに一人で座っていた女性がいたので、アラサーくらいかなと思いながらも、声をかけてしまいました。

夕飯に誘ってみたのですが、待ち人ありとのことで、「すみません」と、丁寧な断りのお返事が。

「とんでもないです。こちらこそ、失礼しました。」と、恐縮して頭を下げ、この日の声かけは終了となりました。

 おっさんだけど、夏が来るまでに出会いたい。でも結局、出会えませんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする