博多美女と出会いたい・五日目 | 最後の夜ナンパ

雑餉隈・銀天町商店街アーケード入り口

 「雑餉隈」、初めて見て、何と読むかわかる人がいたら、その人がどんな汚いおっさんでも、抱かれても良いと思っています。

最後の福岡

 まあそれはさておき、5泊6日の福岡一人旅、6日目は帰るだけなので、5日目のこの日が、観光もナンパも最終日です。

前日(→博多美女と出会いたい・四日目3 | まだ帰りたくない)に続き、不安定な天気との予報が出ていましたが、雨は降っておらず。11時20分、まあ大丈夫だろうと、傘は持たずにホテルを出ました。

昼の親不孝通り

曇り空の下、もうすっかり馴染んでしまった親不孝通りを南下して、西鉄福岡(天神)駅へ向かいます。

前日はレンタサイクルを利用していたため、雨で断念せざるを得なかった、福岡市郊外の某所へ、電車で行くためです。

西鉄福岡(天神)駅構内の風景

 西鉄に乗るのは、初めてのことです。福岡(天神)駅は、乗り場もトイレもきれいでした。

西鉄福岡(天神)駅・乗り場と車両

私は旅が好きなだけで、鉄道オタクではないのですが、さすがにテンションが上がってしまいます。

雑餉隈駅前商店街

 普通電車に乗り込み、6駅先の、「雑餉隈(ざっしょのくま)」駅にて下車。駅前商店街をぶらぶら。

雑餉隈・銀天町商店街アーケード内部

並んだ商店の構えは、歴史を感じさせますが、アーケードとレンガ調に舗装された道はきれいでした。人通りもそれなりにあります。

西鉄・井尻駅前の風景

西鉄・井尻駅前の商店街

 続いて、1駅戻って、「井尻」駅前の商店街をぶらぶら。こちらは予定に無かったのですが、車窓から見えた商店街が気になって、降りてしまいました。

天神三越から大通りを見下ろした風景

 郊外の二駅を見たのみなので、見物時間は短く、13時には、天神へ戻っていました。

天神・イムズのエレベーター

商業施設内を中心に、最後の昼散策をして、15時にホテルへ帰館。シャワーを浴びた後は、最後の出撃に備えて、仮眠を取ります。

最後の天神夜ナンパ

 2時間弱ほど眠り、目が覚めました。これ以上眠ってしまうと、夜に寝られなくなりそうなので、身を起こします。

まだ18時にもなっておらず、出撃時間には早いため、翌日の帰り支度やWi-Fiを使ってのエロ動画鑑賞などで時間を潰し、20時過ぎにホテルを出ました。

福岡市天神・夜のサザン通り

 熱帯夜になると天気予報で言っていた通り、蒸し暑さを感じながら、天神中心部へ。今回の福岡旅行で最後の夜ナンパです。

にも拘らず、これぞというお嬢さんを二人ほどスルーしてしまいました。

福岡に来てもう5日目で、すでに何人にも声をかけたのに、福岡の女性は優しく接してくれるとわかっているのに、最終日に大逆転したいのに・・・、

それでも、お地蔵さんになってしまうのが、小心者な私のダメなところでもあり、チャームポイントでもあります。

ザイル軍団

 その後はめぼしい女性が見当たらず、歩いていてかなり暑くなってきたので、岩田屋本館前のベンチに腰掛けて、小休止。時刻は、20時半を回ったところ。

岩田屋本館前の夜の風景

汗ばんだ体を冷まし乾かしつつ、交差点を横切っていくお嬢さん方に目を凝らしますが、ザイル系な若造達が集団でナンパをしており、よそ者のおっさんが一人で声をかけるには、やり辛い雰囲気。

火曜日の夜だというのに、熱い街です。

結局、そのまま地蔵継続でザイルナンパを見物してしまい、21時過ぎ、重い腰をようやく上げて、場所移動。

ミニスカ旅行者

 恒例となってしまった警固公園の賑わいチェックを「ああ、今夜もいっぱいるな」なんて心の中で呟きながらこなしつつ、歩き回るも、一向によさげなお嬢さんが見つからず。

火曜夜の警固公園

22時半になってやっと、パルコ前にて、ミニスカ生脚で一人歩きのお嬢さんを発見。

もう地蔵はしていられないと、迷わず声をかけましたが、無視されるでもなく、かといって返事をしてくれるわけでもなく、私の顔を見ながら、困ったような表情をしています。

私の作り笑顔も引きつってしまいそう、どうしたものかと考えた瞬間、お嬢さんの口から搾り出すように「サウスコーリア」の一言が。

ああ、なるほどと合点しましたが、英語も韓国語もさっぱりなおっさんは、「ソーリー」と返して立ち去るのみでした。

現役キャバ嬢

 その直後、駅の方から超ミニスカ美脚のセクシーなお嬢さんが歩いてくるのを発見し、これはたまらんとばかりに声かけ。

西鉄福岡(天神)駅北口付近の夜の風景

「旅行で来ていて、最後の夜なんで、是非、お嬢さんのような美しい人とどっか飲みにいきたい」というスケベな思いを真摯に伝えると、笑顔で対応してくれましたが、残念ながら、これから仕事とのこと。キャバ嬢さんでした。

ガウチョ菩薩

 再び美女を求めて歩いていると、Tシャツの首から胸にかけての辺りが、よだれを垂らしたように汗染みになっていることに気づきました。

ただでさえおっさんなのに、これは見た目が悪すぎると、テンションダウンしてしまいましたが、だからといって、これで終了するわけにもいかず、そのまま歩き続けます。

福岡市天神・夜の三越百貨店前

 22時40分、三越の前にて、ガウチョパンツを穿いたお嬢さんとすれ違い様、目が合ったため、チャンスとばかりに声かけ。

性格の良さそうな、穏やかな笑顔をするお嬢さんで、「これはよだれじゃなくて汗ですから」なんて自虐ジョークにも笑ってくれましたが、誘いにはついてきてくれませんでした。

金髪観音

 その後も歩き回るも、これといったお嬢さんは見つけられず、翌日の帰りの体力を考えて、早めですが、終了、撤退を決断。

しかし、最後の夜だというのに、3人しか声をかけておらず、このままではモヤモヤしてしまうので、帰りの道すがら、一人歩きのお嬢さんがいたら、声をかけることにしました。

深夜の新天町アーケード内部

 23時10分、新天町のアーケードを見納めがてらに通ると、駅へ向かって歩くお嬢さんを発見。小柄細身で、金髪の髪を後ろで団子状にまとめています。

声をかけ、飲みかカラオケでもと誘ってみましたが、「終電があるので」と言われ、「タクシー代出しますから」と提案してみましたが、笑いながら「けっこうです」と、断られてしまいました。

バイト終わりで疲れているとのことで、本当にしんどそうだったので、しつこくは出来ず、お礼を言って立ち去ります。

疲れていても、無視はしないという、慈愛の心。最後の最後まで、福岡女性の優しさを感じさせてもらいました。


ストリートナンパなんてめんどくさい!恥ずかしい!という方は、PCMAXを利用して、ネットナンパを楽しまれては如何でしょうか。全国に対応しているので、旅先で遊ぶ女性を事前に確保しておくということも出来ます。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

無料登録して、最初に貰えるポイントだけでもそこそこ遊べます。是非一度、お試しください。

私の成功体験はこちら、登録の仕方やお得な利用方法等はこちらで記事にしています。


結果

 その後、親不孝通りを覗くも、よさげなお嬢さんはおらず、ウエストという24時間営業のうどん屋で遅めの夕食を取って、23時50分、ホテルへ帰り着きました。

 5泊6日の福岡旅、23人に声をかけて、連れ出し1件出ましたが、ノーペロペロでフィニッシュです。がっくし(´・ω・`)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする