博多美女と出会いたい四日目1 | 焦らしプレイ

薬院六つ角交差点

 アラフォー独身おっさん、自由気ままに、初秋の福岡一人旅。

博多駅前のカプセルホテルから天神近くのビジネスホテルへ移り、やっと快適に眠れると思いきや、

隣の部屋の糞野郎が泥酔状態で帰ってきて、騒音を撒き散らしやがったため、なかなか寝つけず、10時に起床。

 昨夜のナンパ(→博多美女と出会いたい・三日目3 | LINEゲットなるか)にて、LINE交換と今晩の約束を取り付けた、25歳無職のTちゃんに、おはようとご機嫌窺いのメッセージを送ります。

溜まっていた3泊分の洗濯物をコインランドリーで片付けると、ホテルを出るのが12時前になってしまいました。

曇天下のサイクリング

 この日は、2泊3日で借りたレンタサイクルの返却日で、最後に郊外を攻めようと思っていたのですが、生憎の曇天模様。

西鉄薬院駅

どうか降らずにもってくれよと、恐る恐る出発し、まずは、薬院駅周辺へ。

薬院駅前・三角市場1

薬院駅前・三角市場2

香ばしスポットを見物、撮影していると、ポツポツと雨が。予報では、夜から降り出すはずだったのですが。

暫くしてやんだので、薬院を離れ、南へ。するとまたすぐに降り出し、コンビニへ避難。

博多駅再訪

 だめだこりゃというわけで、郊外へ行くのは諦め、やんだ後、博多駅前へ。せっかくのレンタサイクルがもったいないのですが、天気が悪いとどうしようもありません。

博多エキナカ・マイング入り口

二日目に見物した際には、ちゃんと見られていなかった、駅前や駅中の商業施設内を重点的に見て回りました。

博多エキナカ・みやげもん市場入り口

散策しながらも、ちょいちょい、スマホをチェックしますが、もう午後だというのに、Tちゃんからの返信は来ておらず、既読にもなっていません。

やはり、気変わりしてしまったのか。今晩の約束が無くなる覚悟を、ほぼ決めました。

吉塚駅近くの商店街

 遅めの昼食を取り、レンタサイクルを返しに、博多から一駅隣の吉塚へ。

結局、あれ以降、曇り空のまま、雨は降りませんでした。もっと走り回りたかった、残念。

天神地下街

 返却後、馬出九大病院前駅から地下鉄に乗り、天神へ戻りました。

月曜午後の天神地下街1

この日のために見ずに残しておいた、天神地下街を歩きます。

月曜午後の天神地下街2

全長590mもある通りが2つ、並行して延びているので、見ごたえ、歩きごたえ十分でした。

月曜午後の天神地下街3

月曜日だというのに、人通りが多く、活気があります。テナントもほぼ埋まっているようです。

地上も少しぶらぶらして、16時半、ホテルへ帰館。

夜の段取り

 朝、Tちゃんへ送ったLINEのメッセージは、相変わらず未読のまま。もうブロックされてしまった可能性さえあります。

それならそれで仕方がない、今宵も夜ナンパへ!と気持ちを切り替え、シャワーを浴びて出てくると、Tちゃんからの返信が来ているではありませんか。今さら~。どんだけ~。

 Tちゃんは普通よりちょっと可愛いくらいで、そこまで私のタイプではなかったこともあり、テンションはかなり下がってしまっていました。

やはり、行くか止めとくか迷っているというTちゃん。これだけ返信が遅れたのも、そのせいでしょう。

私もこれから仮眠して、夜ナンパに行く心づもりに変わっていたため、正直めんどくさく感じてしまいましたが、せっかくの旅先での出会いなんだからと、気合を入れなおしました。

 そんなこと言わずに飲みに行きましょうよと、Tちゃんをなだめ、仮眠だけはしておきたかったので、20時半に待ち合わせることに。

どこそこの店に行きたいとか言ってくれると思ったのですが、私みたいな旅の者に「お任せします」との消極的なメッセージが。

仮眠の時間を考えると、店選びに手間取ってはいられません。

ぐるなびだかホットペッパーだかで、リーズナブルかつシャレオツな店を予約し、Tちゃんに告げると、店が入っているビルの下で待ち合わせということになりました。

 旅の地で、何としても準即ペロペロを果たしたい、どうかお願いしますと、カマグラ様(カマグラPOLO(KamagraPolo)100mg[パイン])に祈りを捧げ、束の間の眠りにつきます。


ストリートナンパなんてめんどくさい!恥ずかしい!という方は、PCMAXを利用して、ネットナンパを楽しまれては如何でしょうか。全国に対応しているので、旅先で遊ぶ女性を事前に確保しておくということも出来ます。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

無料登録して、最初に貰えるポイントだけでもそこそこ遊べます。是非一度、お試しください。

私の成功体験はこちら、登録の仕方やお得な利用方法等はこちらで記事にしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする